050-3187-7449

受付時間:平日 9:00 ~ 17:00

M&Aキャピタルパートナーズの評判は?実績や特徴、競合との比較も紹介

M&Aキャピタルパートナーズの評判は?実績や特徴、競合との比較も紹介

M&Aを検討するときは、まずM&A仲介会社選びから始めましょう。それぞれ特色や強みがあるので、自社にあったサポートを受けられるところを選ぶのがM&A成功のポイントでもあります。この記事では、M&Aキャピタルパートナーズについて解説していきます。

M&Aキャピタルパートナーズとは?

M&Aキャピタルパートナーズとは?

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社は、M&A仲介会社です。さまざまなM&A仲介会社がありますが、M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業のM&A仲介業務に強みがあります。また、東証一部に上場していて、M&A仲介会社の中でも大手といえるでしょう。

2016年にM&Aキャピタルパートナーズは株式会社レコフを子会社化しました。レコフは日本でM&Aという言葉に馴染みのない頃から30年以上大手企業を中心にM&Aのサポートを提供している企業です。大手企業へのM&Aのノウハウや実績があるレコフと、中堅中小企業オーナーや経営者にM&Aのサポートを続けるM&Aキャピタルパートナーズが提携することで、さらに 両社の直接提案力が強固なものとなり、現在では幅広い業界や業種のM&Aを手がけています。

M&AキャピタルパートナーズのM&Aの特徴

M&AキャピタルパートナーズのM&Aの特徴

M&Aキャピタルパートナーズの特徴について詳しく見ていきましょう。多くの企業や経営者がM&Aキャピタルパートナーズを選ぶ理由が見えてきます。

リーズナブルな料金体系

M&AキャピタルパートナーズにM&Aを依頼した際、着手金や月額報酬はかかりません。M&Aを依頼するときの費用は、M&A仲介会社それぞれが設定しており、着手金が必要な場合や、完全成功報酬での支払いなどがあります。

しかし一般的なM&Aにかかる料金の内訳は、相談料、着手金、月額報酬、中間手数料、M&A成約後の報酬などがあります。M&Aを検討している段階で、M&A仲介会社に相談したりマッチング前の売り手や買い手を見つけてもらったりするために費用を支払わなければいけません。

以前はM&Aといえば大手企業同士の合併などの案件が多く取り扱われていましたが、近年は中小企業の経営者の高齢化や後継者問題、事業や技術の継承のために、M&Aを選択肢として検討する企業も少なくありません。M&Aでよいパートナー企業が見つかるかどうかわからない段階でも、着手金や月額報酬などを支払わなければいけない料金体系は、M&Aを考える中小企業の経営者にとっては大きな壁となっています。

M&Aキャピタルパートナーズでは、中小企業の経営者がさらに気軽にM&Aを検討しやすくするために、着手金を無料としています。また月額報酬もかからないので、M&Aのマッチングや条件交渉に時間がかかっても、費用の負担が増えることなくじっくりと検討できます。

専門コンサルタント制

M&Aキャピタルパートナーズでは、専門コンサルタントの担任制を取っています。M&Aを検討する企業に専任のコンサルタントがついて、企業の状況や経営者の思い、希望などを聞いて各担当者と連携を取りながらM&Aを進めていきます。M&Aの初期の相談の段階から、最後まで同じコンサルタントが担当です。M&A成約までしっかり信頼関係を築きながら経営者と同じ思いでM&Aに関するさまざまなサポートを提供してくれるので、納得できるクロージングができるという経営者も少なくありません。

一部上場の大手M&A仲介会社

M&Aキャピタルパートナーズは、東証一部に上場しています。レコフと合併したことにより、M&Aキャピタルパートナーズが持つ2万8,000社の顧客基盤に加えて2万の顧客基盤や金融機関のネットワークがプラスされました。またM&Aに関する膨大なデータも蓄積されているので、ひとつひとつの案件に柔軟に対応できます。

調剤薬局業界においては国内でNO.1のM&A実績があるだけでなく、さまざまな業界業種でのM&Aの成功事例があります。

M&Aキャピタルパートナーズの評判・口コミ

M&Aキャピタルパートナーズの評判・口コミ

M&Aキャピタルパートナーズの評判を見てみましょう。M&A仲介会社を選ぶときには、実際にその企業を通してM&Aを行った人の声を聞くがとても参考になります。M&Aという手法なので、なかなか匿名でも実際に利用した経営者や企業の声が公開されていないことも多いですが、M&Aキャピタルパートナーズを利用した人の口コミを調べてみました。

専門コンサルタントが決め手

「M&Aキャピタルパートナーズには、業界に精通した優秀な専門コンサルタントが在籍していると聞いて依頼するならここだと思った」という口コミがありました。

M&Aキャピタルパートナーズは、専門コンサルタントの専任担当制を取っています。一般的にはM&A仲介会社では、それぞれの段階ごとに担当制を敷いているところが多くあります。このやり方の場合、フェーズごとに担当者が変わったり、担当者の力量によって紹介できる企業が限られたりすることもあります。

しかしM&Aキャピタルパートナーズの専任コンサルタント制度なら、経営者が最初にM&Aの相談をしたときから最終的な成約まで同じ担当者が一貫してサポートしてくれるので、案件を進めるうえで出てくる疑問や不安などにも迅速に対応してくれます。

また、M&Aキャピタルパートナーズは完全独立型のM&A仲介会社なので、金融機関などの系列ではありません。外部からの制約が一切ないため、どの当事者とも利益相反することもありません。中立的な立場で、売り手や買い手などすべての関係者に接してベストな提案ができるのは大きな強みであり、高い評価を得ているようです。

手厚いフォロー

「M&Aは初めてだったけれど、スケジュールや流れなどを担当者がしっかり説明してくれたので不安なく進められた」という口コミもありました。企業や経営者にとってM&Aを行うことは、そう何度もあることではありません。また、ほかの企業と合併したり、事業または株式譲渡をすることで、新たな経営基盤を作る必要があります。

M&Aが制約するまでは、経営者や関係者内だけで準備をする必要があり、従業員に知られずに必要な書類を集めたり手続きを進めなければいけません。M&Aキャピタルパートナーズは、担当制で一人の専門家がついてくれるので、疑問に思ったことや知りたいことなどはなんでもすぐに質問ができます。まさに協力し合ってM&Aを進めていけるので、心強いと感じる経営者が多いようです。

顧客の幅が広い

「M&Aキャピタルパートナーズは、顧客の幅が広い」という評判もあります。M&AキャピタルパートナーズはM&Aを専門的に取り扱う会社です。また、レコフと経営統合したことにより従来の倍ほどの顧客を抱えるようになりました。売り手だけでなく買い手の企業とも深いつながりがあり、さまざまなケースのM&Aのマッチングも得意としています。

大手企業を中心に取り扱うM&A仲介会社の場合、中小企業のM&Aは受け付けていないところもあります。しかし、中小企業も事業継承や後継者不足、従業員の雇用確保などのためにM&Aを検討しています。M&Aキャピタルパートナーズなら、そのようなケースも得意とし、初期の相談から成約まで丁寧にサポートしてくれます。

M&Aキャピタルパートナーズは怪しい?なぜ「怪しい」と言われるのか

M&Aキャピタルパートナーズは怪しい?なぜ「怪しい」と言われるのか

M&Aキャピタルパートナーズを調べると、インターネットで「怪しい」という言葉が出てきます。一部上場企業のM&A仲介会社なのになぜ、怪しいと言われるのでしょうか。

上場企業の場合、社員の平均年収を有価証券報告書に必ず記載する必要があります。そこでは、M&Aキャピタルパートナーズの平均年収は2478万円となっています。業界にもよりますが、大手企業でも2000万円を超える年収をもらう社員はそう多くはありません。そこで、M&Aキャピタルパートナーズは、社員の年収が高すぎるため怪しいと考える人がいるのでしょう。

M&A仲介会社の業務は、企業と企業を結びつけることです。製造業や小売業のように目に見える商品を作ったり取り扱ったりするわけではないので、M&A自体を詳しく知らない人から見るとよけい怪しく見えるのかもしれません。

M&Aキャピタルパートナーズでは、売上原価に対し人件費が75%もの割合を占めています。M&Aを検討している企業や経営者により良いサービスを提供するためには、知識や経験豊富な有能な人材を確保する必要があります。そのため、優秀な社員を確保するためにも利益を社員に還元しています。

またM&Aキャピタルパートナーズの年収の内訳を見ると、賞与が高いことが分かります。M&Aが成功したときのボーナスが大きいため、年収も高くなっているのです。つまり、M&Aキャピタルパートナーズの社員への給料も成功報酬型で、M&Aが成約すれば高い報酬をもらえるようになっています。

M&Aキャピタルパートナーズと他の人気M&A仲介会社の比較

M&Aキャピタルパートナーズと他の人気M&A仲介会社の比較

M&Aキャピタルパートナーズと他の人気M&A仲介会社の体制や料金面の比較をしてみましょう。

料金体系

M&Aキャピタルパートナーズの場合、経営者がM&Aを検討したいと思ってから相談、企業価値の選定などの料金は一切かかりません。相手先企業と基本合意するまではすべて無料なので、具体的なマッチング候補の企業の詳細を確認、検討してから譲渡先を決められます。譲渡先を決めた時点で、初めて中間報酬をM&Aキャピタルパートナーズに支払います。

一方大手人気M&A仲介会社の場合は、最初のM&Aに関する相談は無料のところも多いですが、企業選定する前に着手金を支払い、企業価値の算定にも費用が必要です。さらに、マッチング相手が決まった段階で中間金を支払わなければいけません。着手金や企業価値算定費用は、いい相手先が見つからなくても支払う必要があります。

さらにM&Aキャピタルパートナーズは月額報酬もありませんが、月額報酬が発生するM&A仲介会社の場合は、毎月の報酬もかかります。これは、M&Aの相手企業の選定に必要な調査費用や資料作成費用などM&Aを進めるうえで必要な管理費といえます。もしマッチングする企業が見つかるまでに時間がかかったり、M&Aの条件交渉が難航したりする場合は、月額報酬が高くなってしまいます。

M&Aキャピタルパートナーズは、譲渡先決定のときに中間金、そしてM&A成立時に成功報酬を支払うだけで、あとは一切費用が発生することなくM&Aに関するサポートを受けられます。企業価値選定後の企業価値に基づいた選択肢の検討やマッチング候補の提示、相手先へ開示する説明資料の作成支援や面会日時の設定など細やかなサポートもすべて無料です。

サポート体制

M&Aキャピタルパートナーズの場合、M&Aを検討している企業や経営者ひとりひとりに専任のコンサルタントがつきます。M&A案件を進めるうえで、コンサルタントが各担当チームなどと連携し、経営者と同じ思いで成約まで歩んでくれます。

一般的な大手M&A仲介会社の場合は、M&Aを検討する初期の段階を担当するカウンセラーや、企業選定を行う担当者、M&Aの交渉や契約と担当する人、とそれぞれのフェーズによって担当者が変わる仕組みになっているところが多く、経営者の最初からの考えやM&Aに関する希望など細かい部分まで情報伝達がうまくいかないこともあります。

そのため、経営者のニーズに的確に応えられなかったり、納得できる相手先がなかなか決まらなかったりするケースが出てしまう場合があります。一貫して同じ担当者がサポートすることで、スピーディーで柔軟性のある対応ができるのです。

M&AキャピタルパートナーズのM&A事例・実績

M&AキャピタルパートナーズのM&A事例・実績

M&AキャピタルパートナーズのM&A事例をいくつか紹介します。

2021年12月に、翻訳業の企業から印刷業の会社へ株式譲渡が行われました。翻訳会社は企業の成長発展のためにM&Aを選択し、異業種の大手印刷会社との成約が実現しました。

同じく2021年12月、保管代理業同士の事業譲渡も行われました。譲渡する保険会社は、長期的な経営戦略としてM&Aを行い、譲受する企業は対象事業の強化を狙っていたためベストなマッチングで成約ができました。

このようにM&Aキャピタルパートナーズは、2021年度だけでも数多くのM&Aを成功させています。譲渡企業も譲受企業も全国の幅広い顧客基盤から選定し最適なマッチングを行なっているのがわかります。

M&Aキャピタルパートナーズの申し込み・手続きの流れ

M&Aキャピタルパートナーズの申し込み・手続きの流れ

M&Aキャピタルパートナーズへの申し込み方法や具体的なM&Aの流れについて見ていきましょう。

相談から基本合意締結まで

まずはM&Aを検討するための相談の申し込みをします。M&Aキャピタルパートナーズの公式サイト、または電話でも予約が取れます。相談では、自社の状況やM&Aで希望する条件などを担当者と詳しく話し合いましょう。事業を誰にどのように引き継ぎたいのか、税務、資金の面からもどのような候補者が適しているかなどさまざまな角度から実現可能な選択肢について事例なども踏まえて提案してもらってください。

その後、自社の財務資料を渡して企業価値を算定してもらいます。 事前に機密保持契約を締結するので安心して委ねられます。企業価値レポートをもとに、どのような相手企業がいいか、M&Aを進めるうえで重要な事項などを話し合いながら、その後のM&Aのスケジュールを立てていきます。

M&Aキャピタルパートナーズから相手先候補を掲示されるので、 コンサルタントと相談してそのまま話を進める場合は、候補先企業への打診のときに掲示する案件概要書を一緒に作ります。対象会社の経営内容やビジネスモデルなどについては、担当コンサルタントがすでに深く理解しているので、なんでも聞いてみましょう。

相手先候補との面談を行います。面談日程はコンサルタントが組んでくれます。面接後もコンサルタントと詳しく話をし、双方が納得できるような合意が得られれば、基本合意契約を締結します。

買収監査から完了まで

譲渡契約の前に行うデューデリジェンスのサポートもM&Aキャピタルパートナーズが行ってくれます。 譲受の候補先から譲渡会社に対して会計、法務、ビジネス、税務などさまざまな角度から専門家が詳細な検証を行うのがデューデリジェンスです。膨大な資料の提出などの事務処理も、スピーディーに締結ができるようM&Aキャピタルパートナーズがサポートします。

デューデリジェンスの結果やM&Aを実行する日までに整える必要のある事項も、M&Aキャピタルパートナーズでサポートしてくれます。さらに最終譲渡に関する諸条件について双方へ最終的な意向確認と調整も行います。譲渡に必要さまざまな手続きや契約書面などのサポートもしてもらい、譲渡契約が完了します。

企業買取の場合もほぼ同じようにコンサルタントが相談初期から契約完了まで細やかなサポートを行ってくれます。

M&AキャピタルパートナーズへのM&A委託はこんな会社・経営者におすすめ

M&AキャピタルパートナーズへのM&A委託はこんな会社・経営者におすすめ

M&Aキャピタルパートナーズがおすすめの会社や経営者は、中小企業、事業継承や後継者問題を抱えている経営者などです。M&Aキャピタルパートナーズは、中堅中小企業を中心に長くM&Aのサポートを行ってきた会社です。それぞれの事例ごとにコンサルタントが経営者と同じ思いでM&Aを進めてくれるので、M&Aが初めての会社や経営者でも安心して任せられます。

また、M&Aキャピタルパートナーズの報酬は中間金と成功報酬のみです。着手金や月額報酬、資料作成費用などは一切かからないため、なるべく低コストでM&Aを進めたい中小企業にとってメリットは大きいといえるでしょう。

仮にM&Aを進めてみて合意に至らなかった場合、料金は発生しないので「自社の希望に合う候補先がいるかどうかを調べてみたい」という場合にも利用できます。

M&Aキャピタルパートナーズの料金体系・手数料

M&Aキャピタルパートナーズの料金体系・手数料

M&Aキャピタルパートナーズの手数料について詳しく解説します。M&Aキャピタルパートナーズは、着手金なし、相手企業と合意するまでの対象会社の簡易的な調査や候補企業の選定や打診、合意に向けた調査、基本合意締結まで一切費用はかかりません。

相手企業と基本合意をした時点で、報酬の10%を中間金としてM&Aキャピタルパートナーズへ支払います。その後買収監査を実施し、譲渡契約を結びM&Aが成立した時点で残りの報酬90%を支払う仕組みになっています。

また成功報酬は株価レーマン方式で計算しているため低額です。株価レーマン方式とは、株式譲渡の対価だけに一定の料率を乗じて計算するやり方です。一般的な株価レーマン方式は、負債と株式価値を合わせた移動総資産をベースとして計算し、最終的な報酬額を算出します。しかしM&Aキャピタルパートナーズの場合、負債は含めずに株式価値だけをベースに報酬を算出しています。

M&Aキャピタルパートナーズの独自の計算方式で低額報酬を実現しているので、M&Aを検討したいが報酬が高いところには依頼できないと考えている中小企業にもおすすめです。

M&Aキャピタルパートナーズの会社情報

M&Aキャピタルパートナーズの会社情報

M&Aキャピタルパートナーズの会社情報です。M&Aキャピタルパートナーズは、東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 グラントウキョウノースタワー38階に本社を置いています。また、大阪にも支社があります。2005年10月に創業、資本金は28億円です。

主な事業内容は、譲渡を希望する企業または譲受をしたい企業向けのM&Aアドバイザリーサービス 、具体的な買収のニーズや対象先がすでにある企業向けのファインディングサービス、オンラインのマッチングサービスなどがあります。

M&Aキャピタルパートナーズの採用情報

M&Aキャピタルパートナーズの採用情報

M&Aキャピタルパートナーズでは、新卒の採用は行っていませんが、M&A業務経験者と未経験者、両方の採用を行っています。M&A業務経験者の場合、主任や次長の経験がある人なら、案件発掘から資産価値査定、M&A手法の考案や選定、イグジットの考案、オペレーションコンサルタントの仕事などを担当します。またマネジメント業務などもあわせて行います。

M&A業務未経験者でも、金融業界での営業経験が2年以上あり営業成績が高い人、またはその他の業界ならば大手企業で若手トップクラスの成績がある人であれば、コンサルタントの仕事に就けます。

M&Aキャピタルパートナーズの直近5年間でのコンサルタントの平均退職率は3.3%ととても低く、多くの人がやりがいを持って業務にあたり、待遇にも満足していることが伺えます。

M&Aキャピタルパートナーズの平均年収

M&Aキャピタルパートナーズの平均年収

M&Aキャピタルパートナーズの平均年収は、先ほどお伝えしたように2478万円です。この内訳は固定給にインセンティブ、さらに業績連動賞与が年2回となっています。固定給の部分は、前職の給与や実績などを反映して設定されます。またインセンティブは上限がありません

クライアントが満足するM&A成約を手掛ければ、収入は青天井といってもいいでしょう。モチベーションの高さの原因にもなります。

企業買収・M&A相談ならウィルゲートM&A

企業買収・M&A相談ならウィルゲートM&A

M&Aを検討する場合は、M&A仲介会社などに相談するのがおすすめです。自社の希望に合った候補先の選定や紹介だけでなく、M&Aに関するさまざまな知識や実績が豊富な専門家がいるため、M&Aが初めての場合でもいろいろサポートしてくれます。

M&Aキャピタルパートナーズ以外でおすすめのM&A仲介会社は、ウィルゲートM&Aです。ウィルゲートM&Aは、ITやWeb業界を中心にM&Aサービスを提供する会社です。クライアントの要望を聞き、最適な企業を選んでマッチングしたり、M&A成立までの細かい手続きや書類作成などのサポートも行ってくれたりします。

M&A事業を始めてから2年で、買い手企業はすでに1,400社を超えています。数多くの有名企業の経営者と太いパイプがあるため、スピーディーなマッチング可能です。また、料金体系は相談料や着手金などは必要なく、M&Aが成立したときに報酬を支払う完全成果報酬型なので、M&A成立までは無料でさまざまなサービスを受けられます。

M&Aキャピタルパートナーズ まとめ

M&Aキャピタルパートナーズ まとめ

M&A キャピタルパートナーズは、中堅中小企業に強みのあるM&A仲介会社です。低料金で充実したサポートを受けながらM&A交渉を進められます。

ウィルゲートM&Aは、9,100社を超える経営者ネットワークを活用し、ベストマッチングを提案します。Web・IT領域を中心に、幅広い業種のM&Aに対応しているのが強みです。M&A成立までのサポートが手厚く、条件交渉の際にもアドバイスを受けられます。M&Aを考えている方は、完全成功報酬型で着手金無料のウィルゲートM&Aにご相談ください。

無料相談・お問い合わせはこちらから ※ご相談・着手金無料

無料相談・お問い合わせは
こちらから

ご相談・着手金は無料です。
売却(譲渡)をお考えの際はお気軽にご相談ください

お電話からのお問い合わせはこちら

050-3187-7449

050-3187-7449

受付時間:平日 9:00 ~ 17:00