050-3187-7449

受付時間:平日 9:00 ~ 17:00

サイト売却を成功させる方法|相場や売却手順、事例、注意点を解説

サイト売却を成功させる方法|相場や売却手順、事例、注意点を解説

サイト売却とは、個人サイトや企業サイトを第三者に買い取ってもらうことです。明確な相場価格はないものの、アクセス数が多く需要の高いサイトほど高値で買取される傾向があります。サイト売却を成功させるにはM&A仲介サービス会社の利用がおすすめです。

サイト売却とは

サイト売却とは

サイト売却とは、個人または企業が運営しているWebサイトを第三者に売却することをいいます。サイト売却は2003年頃に初めて行われ、本格的にビジネスとして成立するようになったのは2005年頃からです。

個人サイトの売却額は数万円~数十万ほどで売買されますが、企業サイトや需要の高いサイトの場合は売却金額が億単位と高額になるケースも珍しくありません。

サイト売却の最新動向

サイト売却市場は、2006~2010年にかけて急成長しました。2005年になるとサイト売却の成約事例が10件、売却金額に換算すると4,000万円規模となりました。

しかし翌年にはサイト売却の成約事例が160件、売却金額に換算すると6億4,000万円となり、2010年にはサイト売却の成約事例が1,500件、売却金額に換算すると85億円になるなど、市場規模は年々大きくなっています。

2010年以降はリーマンショックなどが影響してサイト売却市場の需要が落ち込みましたが、現在はリーマンショック以前以上の盛り上がりを見せています。

日本企業は年々インターネット広告にお金をかけるようになっていて、サイト市場規模が拡大しています。それと伴いサイト売却市場も成長を続けています。

最近では、大企業だけでなく中小企業もM&Aを積極的に行っています。中小企業は小規模企業のサイトを買取対象としていることが多いため、個人のサイトや小規模企業のサイトがサイト売却しやすい状況になっています。

参考:急成長するサイト売買市場(矢野経済研究所ICT・金融ユニット)

サイト売却のメリット・デメリット

サイト売却のメリット・デメリット

サイト売却にはメリットだけではなくデメリットもあります。サイト売却を成功させたいのであれば、サイト売却のメリットだけ見るのではなくデメリットもしっかりと把握しておくことが大切です。

ここではサイト売却のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

メリット

まずサイト売却のメリットについて見ていきます。サイト売却のメリットには以下のようなものがあります。

  • サイト売却により利益を得られる
  • サイト管理の負担が減り自分の時間が確保できる
  • SEO対策などの作業から離れられる
  • サイトを閉鎖する必要がない

まず、サイト売却することで売却利益を得られるのは大きなメリットです。サイト売却での利益はサイトの評価額で決まります。サイトの評価額はサイト運営による利益の18~24カ月分が相場です。サイト売却で得た利益を使って、新規事業も始めるケースもあります。

またサイト売却することで、記事更新・集客・顧客やクレーム対応などサイト管理の負担が減り、自分の自由な時間を確保できるようになります。

サイト運営する上で大切なのがSEOですが、最近ではGoogleのコアアップデートが頻繁に行われており、対策が難しくなりつつあります。しかしサイト売却を行うことでSEOなどの作業から離れられるため、精神的に楽になることもメリットといえるでしょう。

長期間サイト運営をしてきた人は、自分のサイトに思い入れがあるものです。自分の力ではこれ以上サイト更新・運営ができない状況になったとしても、サイト売却することで自分のサイトを閉鎖することなく、運営を継続できることは非常に嬉しいことでしょう。

デメリット

まずサイト売却のデメリットについて見ていきます。サイト売却のデメリットには以下のようなものがあります。

  • 希望の金額で売却できるわけではない
  • 売却相手を探すのが難しい
  • 売却やM&Aの手続きが面倒である
  • 売却額に対して税金がかかる

まずサイト売却する上で頭に入れて欲しいことは、必ずしも自分が希望した金額でサイト売却できるわけではないことです。

また、いざサイト売却しようと思ってもサイトを買ってくれる相手を探すのが難しいことは、サイト売却において多くの人が悩むポイントです。サイトを買ってくれる相手が見つかったとして、サイトの売却やM&Aは手続きが多く面倒であるデメリットもあります。

さらにサイト売却できたとして、サイト売却の売却額に対して税金がかかることも理解しておきましょう。

サイト売却価格の相場

サイト売却価格の相場

サイト売却にはサイトごとの相場価格がなく、売却価格は数十万円~数千万円と価格帯が幅広いのが特徴的です。サイトにはポータルサイトやアフィリエイトサイトなどいくつか種類がありますが、サイトのタイプによる売却相場価格もありません。

売りたいサイトが収益の見込めるサイトかどうかがサイト売却価格を判断する材料となり、月間の売上金額を基準として取引されるケースが多くあります。

そのためアクセス数やPV数が多く収益できるサイトであればあるほど、高額で売却できる可能性が高まります。

サイト売却価格の計算方法

サイト売却価格の計算方法

サイト売却には相場価格がないと解説してきましたが、サイト売却の相場価格を出す計算式は存在します。サイト売却の相場価格を出す計算式は「直近半年の平均月間利益×18~24カ月」です。

ただしこの計算式だけが売却額を決めるのではなく、デザイン性・コンテンツの質・検索順位・販売している商品など、さまざまな要因が売却価格に影響します。

例えばECサイト・アフィリエイトサイト・アドセンスサイトは収益が見込めるサイトですが、収益を上げている手法によって売却相場価格の計算方法に違いが出てきます。

自演リンクを使ってSEO対策しているアフィリエイトサイトやアドセンスサイトを「ブラックハット」といいますが、ブラックハットの売却相場価格は平均月間利益の半年~1年分ほどとなります。

一方、自演リンクを貼らずにSEO対策しているアフィリエイトサイトやアドセンスサイトは「ホワイトハット」と呼ばれ、ホワイトハットの売却相場価格は平均月間利益の2~3年分ほどとされています。

ECサイトは商品の仕入れや顧客やクレームへの対応があることで売却しづらく、平均月間利益の1~2年分が売却相場価格とされています。

サイト売却の4つの手法

サイト売却の4つの手法

サイト売却する際は以下の4つの手法から選びます。

  • 個人的にサイト売却の交渉を行う
  • オークションサービスを利用する
  • マッチングサービスを利用する
  • M&A仲介会社サービス会社を利用する

個人的にサイト交渉を行う場合は費用を抑えてサイト売却ができますが、買い手を探すのに苦労する可能性があります。

オークションサービスは思わぬ高値で自サイトが売却できる可能性がありますが、買い手からするとサイトを購入するのに多くのお金が必要になるでしょう。

マッチングサービスは買い手をスムーズに探せますが、交渉や契約は有料になるケースが多いです。M&A仲介サービス会社は費用がかかるものの、サイト売却の成功率がグッと高まります。

ここではサイト売却する4つの手法について、特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

個人的にサイト売却の交渉を行う

サイト売却は自分で売却交渉や契約ができます。できるだけお金をかけずにサイト売却したいのであれば、個人的にサイトを買ってくれる人を探しましょう。

個人的にサイト売却交渉を行えば既存のサービスを利用する必要がないので、サイト売却にかかる費用を最小限に抑えられます。

しかしサイト売却に関する知識がない人が個人的にサイト売却の交渉を行う場合、買い手にいわれるがままの交渉・契約となり、サイトの価値に見合わない金額で売却してしまう可能性があります。

個人的にサイト売却するのであれば、サイト売却相場価格の計算方法や高額で売れるサイトの特徴など、サイト売却に関する知識をしっかりと頭に入れてからにしてください。

オークションサービスを利用する

サイト売却サービスにはオークション形式をとっているところもあります。サイト売却のオークションサービスは一般的なオークションと同様に、サイトを購入したいと考えている人が期日までに入札を行います。

期日になって最も高い売買金額を提示していた人が、サイトの購入権を手に入れられます。オークション形式でサイト売却すると、売り手は想像よりも高額で自分のサイトを売却できる可能性があります。

しかし買い手の場合は、購入を検討しているサイトが収益を見込める価値の高いサイトやサイトテーマが人気の高いジャンルだと、購入価格が高くなってしまうケースがあります。

マッチングサービスを利用する

サイト売却するなら「マッチングサービス」を利用する方法もあります。マッチングサービスとはサイト売却したい人と、サイトを購入したい人を繋ぐサービスで個人・法人は問いません。

マッチングサービスは無料で利用できるものも多く、気軽に試せることが大きなメリットとなっています。ほとんどのマッチングサービスでは契約・交渉に関しては自分で行うシステムになっていますが、お金を払うことでサイト売却の交渉・契約を代行してくれるケースもあります。

M&A仲介会社サービス会社を利用する

M&Aとは、自分の会社を第三者に合併・買収してもらうことをいいます。M&Aはサイト売却する際にも利用できます。しかし、M&Aを自分でしようと思うと、やることがたくさんあり、手続きも煩雑なので非常に大変です。

そこでおすすめなのが、M&A仲介サービス会社にサイト売却のM&A代行を依頼することです。M&A仲介サービス会社ではサイトの買い手探し・条件の交渉・契約手続き・締結までのすべてを代行してくれる非常に心強い存在です。

M&A仲介サービス会社を利用する際には仲介手数料がかかりますが、買い手を自分で探す必要もありませんし、面倒な手続きも不要です。サイト売却に少しでも不安を感じている人やサイト売却の成功率を高めたい人には、M&A仲介サービス会社の利用をおすすめします。

サイト売却を成功させる10個のポイント

サイト売却を成功させる10個のポイント

サイト売却を成功させるポイントには以下のものがあります。

  • サイト売却の仕組みを理解する
  • 需要のあるアフィリエイトサイトを作る
  • サイト売却経験者に話を聞いてみる
  • アクセス数の多いサイト作りを行う
  • 質の高いコンテンツを作る
  • ライターやデザイナーの力を借りる
  • 早い段階で収益のことを意識する
  • サイト売却の相場価格を知っておく
  • 一度自分のサイトの価値を査定してみる
  • 信頼できるサイト売却サービスを選ぶ

どれもサイト売却を成功させるためには大切なポイントなので、今後サイト売却を考えている人は、サイト制作する段階からポイントを押さえて行動してください。

ここではサイト売却を成功させる10個のポイントについて、詳しく解説していきます。

相場よりも高く売却するには?

サイト売却を相場価格より高く売却するには、適当にサイト制作してはいけません。アクセス数が多く需要の高いサイトほど高く売却されます。

またサイト売却の仕組みを知りサイト売却の相場価格を知ることも、サイトを相場より高く売却するために必要なポイントです。

サイト売却の仕組みを理解する

サイト売却を成功させるためには、まずサイト売却がどのように行われるのか、仕組みについて知っておくことをおすすめします。 サイト売却には主に「仲介方式」「自由出品方式」「買い取り方式」の3種類があります。

仲介方式では、サイト売却したい人とサイト購入したい人とをマッチングする方法です。

自由出品方式はサイトをオークションに出品して売却します。

買い取り方式はサイト売却したい人がサイト購入したい人と直接交渉や契約を行いサイト売却する方式です。

それぞれのサイト売却の方法と特徴について知っておくことで、自分に最適な方法でサイト売却できるようになります。

需要のあるアフィリエイトサイトを作る

サイト売却の売却相場価格は明確には決まっていませんが、需要の高いアフィリエイトサイトは高値で売れる可能性が高いです。

アフィリエイトサイトとは、サイト上に商品やサービス、ショッピングサイトなどの広告を掲載したサイトのことです。サイトを訪問した人が広告をクリックして、広告先の商品やサービスを購入・利用することで、サイト運営者は購入金額に応じた報酬を受け取れる仕組みとなっています。

需要が高いアフィリエイトサイトを作るためには、ユーザーがサイトを訪問して広告をクリックし、広告先で商品やサービスを購入してくれるまで誘導できるようなテーマ商材を選ぶことが重要です。

需要の高いアフィリエイトサイトを作るには時間がかかりますが、質の高いコンテンツを作り時間をかけてサイト作りをしていきましょう。

サイト売却経験者に話を聞いてみる

初めてサイト売却する人は、サイト売却の仕方がまったくわかりませんよね。サイト売却の経験や知識がないままサイト売却を進めてしまうと、価値の高いサイトでも買い手にいわれるがままにサイト価値に見合わない安値で買われてしまう可能性があります。

自分のサイトを価値通りの価格で売るために、サイト売却経験者の話を聞くことをおすすめします。特に高値で自分のサイトを売却できた人の話は勉強になるので、話を聞ける機会があればサイト売却した時の流れや方法について詳しく聞いてみましょう。周りにサイト売却した経験がある人がいない場合には、Twitterなどを活用するとサイト売却に成功した人を見つけられます。

アクセス数の多いサイト作りを行う

どんなにコンテンツが魅力的なサイトであっても、アクセス数が少なければサイトとしての価値は上がりません。サイト売却を成功させたいのであれば、アクセス数の多いサイト作りを心がけましょう。

アクセス数を増やすためにはコンテンツを作る際に、意識して検索されやすいキーワードを入れることで、検索エンジンからユーザーがアクセスしてくれるようになります。検索されやすいキーワードを探す際は「ラッコキーワード」やGoogleが提供する「キーワードプランナー」などを利用すると便利です。

質の高いコンテンツを作る

コンテンツの質が高いサイトも高値で売却できる可能性が高くなります。質の高いコンテンツを作るためには、アクセス数が多く人気の高いサイトやブログをお手本にすることをおすすめします。

サイトやブログだけでなく、Twitterやインスタグラムでフォロワーが多い人の投稿内容や、登録者数の多いYouTubeの動画なども参考になるでしょう。

ライターやデザイナーの力を借りる

サイト構築の知識がない人が価値の高いサイトを作るのは大変です。サイト構築の知識がある人であっても、良質なサイトを作りキープし続けるには限界があります。

そこで記事作成をライターに依頼する、ライターが書いた記事をチェックする編集者を雇う、サイトデザインをWebデザイナーに依頼するなど、サイト作りのプロに依頼することをおすすめします。お金はかかってしまいますが、価値の高いサイトを作る近道となります。

早い段階で収益のことを意識する

サイト制作する際には、早い段階から収益できることを意識してコンテンツ作りを行いましょう。サイトを収益化する方法には「アドネットワーク」「アフィリエイト」「純広告」「課金」の4つがあります。

まずアドネットワークとは、サイト上にネット広告を配信する方法です。

アフィリエイトとはサイトに広告を載せて、ユーザーが広告をクリックして広告先のサービスを利用することで利益を得られます。

純広告とは広告主と契約してサイトの広告枠を買ってもらう方法です。

課金とは自社のサービスや商品をユーザーに買ってもらう方法です。いずれかの方法を使って収益化することを考えてください。

サイト売却の相場価格を知っておく

サイト売却を成功させるためには、サイト売却の相場価格を知っておくようにしてください。サイト売却の相場価格は明確には決まっていませんが、サイトの月間売上金額の1~2年分が目安となります。

アクセス数が高い・運営年数が長い・収益力が高いサイトの場合は、より高額での売却が期待できます。サイト売却の相場価格を知っておくことで、サイト売却する際にサイトの価値に合った価格で売却できるようになります。

一度自分のサイトの価値を査定してみる

サイト売却をする前には、一度自分で自分のサイトがいくらで売れるのか査定してみましょう。自サイトの査定は、マッチングサイトやM&A仲介サービス会社が提供している査定サービスを利用します。

自サイトを査定する際のポイントとしては、ひとつの会社で査定するのではなく複数社で査定してもらうことです。ひとつの会社だけに査定を依頼してしまうと、相場より安い価格を付けられたことに気づけません。

信頼できるサイト売却サービスを選ぼう

サイト売却の手助けをしてくれるサービスは複数ありますが、中には相場より安い価格で買い取ろうと考える悪質な業者も存在しています。

サイト売却サービスを選ぶ際には、会社の運営実績やサイト売却の実績があるかどうかをしっかりと確認します。また会社の住所や連絡先など、会社の情報が詳しく書かれているかもチェックしましょう。

さらに口コミ評判もサイト売却サービスを選ぶ際に大切なポイントです。SNSや口コミサイトなどで悪い口コミ評判が多いサイト売却サービスは選ばないようにしてください。

サイト売却・M&A成功事例9選

サイト売却・M&A成功事例9選

ここではサイト売却・M&A成功事例を9選紹介していきます。

サイト売却のイメージがつかめない人は、事例を参考にサイト売却についてのイメージを掴んでください。

CASH(キャッシュ)のサイト売却・M&A成功事例

1つ目のサイト売却・M&A成功事例は「CASH(キャッシュ)」です。CASHは売りたいものの写真を送ると瞬時に買取してくれるサービスで、サイト売却時点の運営歴は実質2カ月でした。

CASHは2017年11月21日にECサイトを運営するDMMに買い取られました。このときの売却額は約70億円でした。しかし2018年11月6日になると、CASHの運営会社「BANK」の社長がCASHの株式を5億円で買い戻し、世間を驚かせました。

kurashiru(クラシル)のサイト売却・M&A成功事例

2つ目のサイト売却・M&A成功事例は「kurashiru(クラシル)」です。kurashiru(クラシル)は人気の高いレシピ動画サービスで、運営会社は「dely」です。サイト売却時点の運営歴は約2年でした。

クラシルは2018年7月11日付けでYahoo!Japanを運営するヤフーに買い取られました。この時の売却額は約93億円でした。クラシルの運営会社delyは30億円ほどの赤字を抱えていました。しかし企業価値の高さを評価され、赤字であったものの高額で売却できたのです。

PillPackのサイト売却・M&A成功事例

3つ目のサイト売却・M&A成功事例は「PillPack」です。PillPackとはアメリカのオンライン薬局サービスで、サイト売却時点の運営歴は約5年でした。

PillPackは2018年7月にAmazonに買い取られました。AmazonがPillPackを買い取ったということは、Amazonが薬品販売事業に参入したこととなり大きな話題になりました。売却価格は非公開ですが、日本円で約1,100億円未満とかなり高額案件だったことが予想されています。

Qiita(キータ)のサイト売却・M&A成功事例

4つ目のサイト売却・M&A成功事例は「Qiita(キータ)」です。キータは日本最大のプログラマーコミュニティで、サイト売却時点の運営歴は約6年でした。

キータは2017年12月25日に、引っ越しサービスやスマホゲームサービスなどを運営している「エイチーム」に買い取られました。エイチームでは参入が難しい分野の事業展開をするために行われたこのサイト売却額は、約14億5,300万円と高額案件でした。

アオイゼのサイト売却・M&A成功事例

5つ目のサイト売却・M&A成功事例は「アオイゼミ」です。アオイゼミは中高生向けのオンライン学習塾で、サイト売却時点の運営歴は約5年でした。

アオイゼミは2017年11月30日に、大手通信教育会社「Z会」に買い取られました。この時の売却額は非公開ですが、高額案件だったとされています。

Z会は、オンライン学習の先駆者であるアオイゼミのノウハウやスマホアプリサービスを取り入れることで、利用者のニーズに応えるためにアオイゼミを完全子会社化したのです。

GitHub(ギットハブ)のサイト売却・M&A成功事例

6つ目のサイト売却・M&A成功事例は「GitHub(ギットハブ)」です。ギットハブはアメリカのソフトウェア開発プラットフォームを提供する会社で、サイト売却時点の運営歴は約10年と長い実績を持っていました。

GitHubは2018年10月26日にWindowsを開発した「Microsoft」が買い取りました。このサイト買収は、オープンソース事業の拡大やMicrosoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」との連携強化を目的として行われました。

売却金額は日本円で約8,200億円と、高額案件でした。

ザワットのサイト売却・M&A成功事例

7つ目のサイト売却・M&A成功事例はザワットです。ザワットは中古ハイブランド品を得意とするスマホ用オークションサービス「スマオク」の運営会社で、サイト売却時点の運営歴は約4年でした。

ザワットは2017年2月17日に再人気フリマアプリ「メルカリ」に買い取られました。

ザワットとフリマアプリは同じ業種ですが、ザワットとメルカリそれぞれの知識や顧客基盤を活かし、これまで以上に質の高いサービスを提供するために行われたサイト売却でした。

ザワットのサイト売却金額は非公表ですが、高額案件であったと予想されます。

資金調達プロのサイト売却・M&A成功事例

8つ目のサイト売却・M&A成功事例は「資金調達プロ」です。資金調達プロはファウンダーが運営する業界に特化したアフィリエイトサイトで、サイト売却時点の運営歴は約3年でした。

資金調達プロは2018年11月に東証一部上場企業に買い取られました。資金調達プロは社員やアルバイトはおらず、業務委託スタッフが数名しかいませんでした。しかしマイナーなジャンルのコンテンツやアフィリエイトでの収益化ができていたことが評価され、6億2,000万円と高額で売却されました。

manabo(マナボ)のサイト売却・M&A成功事例

9つ目のサイト売却・M&A成功事例は「manabo(マナボ)」です。manaboはスマホやタブレットを使った家庭教師サービスで、サイト売却時点の運営歴は約6年でした。manaboは2018年6月6日付に、大手予備校グループ「駿台予備学校」に買い取られました。

manaboは駿台予備校の競合会社であるZ会から資金調達を行っていました。しかしサイト売却の際に、最も高額な評価額を提示してくれた駿台予備校に売却することを決めました。

売却金額は公表されていませんが、高額売却であったことが予想されます。

サイト売却の手続き方法と手順

サイト売却の手続き方法と手順

サイト売却するには売却相手を探すだけでなく、売却金額や条件などの交渉を行い契約に至ります。また個人サイト売却と企業サイト売却では手続き方法と手順も異なります。

ここでは個人のサイト売却の流れと、企業のサイト売却の流れについて詳しく見ていきます。

個人がサイト売却する際の手続き方法と手順について

個人のサイト売却はサイト売却専門サービスに依頼して、サイトの査定から売却までをサポートしてもらうのが一般的な方法です。まずはサイト売却の相場価格を知り、自分のサイトの査定を行い、大体の売却金額を把握しておきます。

その後は口コミ評判などを参考に、信頼できるサイト売却専門サービスを探してください。信頼できるサイト売却専門サービスが見つかったら、自分のサイトを出品します。自分のサイトを気に入ってくれた人とマッチングすると、サイト売却が成立します。

サイト売却が成立すると、売却金額が支払われサイト売却は完了です。

企業がサイト売却する際の手続き方法と手順について

企業のサイト売却は個人のサイト売却より手続きが複雑で時間がかかります。まずサイトの購入を希望している企業などから、サイト買収オファーがきます。

サイト売却する側はサイト売却の条件や金額を確認し、M&A仲介サービス業者に依頼して交渉をお願いします。M&A仲介サービス業者にお願いするとより好条件の買い手を探してもらうこともできるのでおすすめです。

また自社サイトの査定も依頼して、どれくらいで売却できるかも把握しておきます。最後にサイト購入希望者と面談をして、条件や売却金額に問題がなければ事業譲渡契約書締結を行い、サイト売却が成立します。

サイト売却の交渉はM&A仲介サービス業者を使わずに売り手と買い手で直接行うことも可能ですが、売り手側がサイト売却に慣れていない場合、買い手に買い叩かれる可能性もあります。

またM&A仲介サービス業者を使わずにサイト売却すると、サイト売却が成立するまでに数年かかることもあります。効率的にサイト売却を成立させたいのであれば、M&A仲介サービス業者の利用をおすすめします。

サイト売却の際の注意点

サイト売却の際の注意点

サイト売却をする際の注意点は以下の2つです。

  • コミュニケーションが取れる相手を選ぶこと
  • アクセス数や利益を正しく公表すること

サイト売却は第三者とやり取りを行うため、信頼できる買い手を探さなければなりません。信頼できない買い手を選んでしまうと、何かしらのトラブルに繋がる可能性があります。

実際に交渉を行う中でコミュニケーションがスムーズにいくかは非常に大切なポイントです。また自分のサイトのアクセス数や利益を買い手に公表する際には、正しい数字を公表することが重要です。

ここではサイト売却する際の注意点について、それぞれ詳しく解説していきます。

コミュニケーションが取れる相手と交渉すること

サイト売却する際にオークションサービスやマッチングサービスを利用する際には、顔が見えない第三者と連絡を取り合い交渉を行うことがあります。

そのため実際にコミュニケーションを取っていて違和感がある人や、話が伝わらない・スムーズに進まない人とは交渉しないようにしてください。円滑にコミュニケーションがとれて、サイトの規模やアクセス数、強みなどをわかってくれる人を選ぶことで、サイト売却を成功させられます。

サイトのアクセス数や利益は正しく公表すること

サイト売却はアクセス数が多く収益の高いサイトほど高値で買い取られます。そのためできるだけ高値でサイト売却しようと、アクセス数・営業利益・売上高を事実よりも大きな数字で公表しようと考える人も出てくるかもしれません。

しかしサイト売却時に嘘の数字を公表することは虚偽になるので、絶対に行ってはいけません。買い手側がサイトの査定を行う際に、データの証拠資料やGoogle Analyticsなどの解析ツールのビュー権限共有を行う必要があるため、嘘の数字を公表したとしてもバレて信用を失ってしまいます。

サイト譲渡・M&A相談ならウィルゲートM&A

サイト売買・M&A相談ならウィルゲートM&A

サイト売却をスムーズに成功させたいのなら、M&A仲介サービスの利用をおすすめします。しかしM&A仲介サービス会社も種類が多いので、どのM&A仲介サービス会社を使うべきかわからない人も多いでしょう。

今回サイト売却する際のM&A仲介サービス会社でおすすめしたいのが「ウィルゲートM&A」です。ウィルゲートM&AはIT・Web事業のM&Aが得意なので、サイト売却したい人に最適です。

ウィルゲートM&Aは買い手企業が1,200社を突破し、成約件数25件・成約金額は10億円以上と非常に高い実績を持っています。

とはいえ気になるのが費用面ですよね。ウィルゲートM&Aは完全成功報酬制を採用し、着手金や中間手数料も一切かかりません。ウィルゲートM&Aへの相談は無料で、電話もしくはメールにて気軽に相談できます。

サイト売却をM&A仲介サービス会社に依頼したいと考えている人は、ぜひウィルゲートM&Aに無料相談から依頼してみましょう。

サイト売却 まとめ

まとめ

サイト売却は個人的に買い手を探して交渉し契約することもできます。しかしサイト売却に関する知識がない人が個人的にサイト売却の交渉や契約を行ってしまうと、相場価格よりも安い値段で買われてしまう可能性があります。

マッチングサービスやオークションサービスを利用する方法もありますが、これらの方法もサイト売却に関する知識がないと好条件でサイト売却できません。

サイト売却を考えている人はM&A仲介サービス会社を利用することで、より好条件でサイト売却できるのでおすすめです。特に初めてサイト売却する人は、M&A仲介サービス会社の利用を検討してください。

ウィルゲートM&Aでは、9,100社を超える経営者ネットワークを活用し、ベストマッチングを提案します。Web・IT領域を中心に、幅広い業種のM&Aに対応しているのがウィルゲートM&Aの強みです。M&A成立までのサポートが手厚く、条件交渉の際にもアドバイスを受けられます。

完全成功報酬型で着手金無料なので、お気軽にご相談ください。

無料相談・お問い合わせはこちらから ※ご相談・着手金無料

無料相談・お問い合わせは
こちらから

ご相談・着手金は無料です。
売却(譲渡)をお考えの際はお気軽にご相談ください

お電話からのお問い合わせはこちら

050-3187-7449

050-3187-7449

受付時間:平日 9:00 ~ 17:00