050-3187-7449

受付時間:平日 9:00 ~ 17:00

500万円で会社・事業は買える?M&A案件の探し方や注意点も解説

500万円で会社・事業は買える?M&A案件の探し方や注意点も解説

近年M&Aが増加している理由として、経営者の高齢化や少子化により親族内での事業承継が困難になったこと、新型コロナの影響で不採算事業や非中核事業の切り離しが活発化していることが挙げられます。

今回は500万円以下のM&A案件の探し方や注意点について解説します。

M&Aとは

M&Aとは

M&Aとは事業承継を目的とした企業の成長戦略の手段の1つです。後継者不在や経営状況悪化などさまざまな理由により売却された企業を、自身で事業を立ち上げるよりもぐっとコストを抑えて取得し、事業再生をすることで利益を生んでいく活動です。M&Aによって事業を存続させることが可能になり、従業員も譲受企業に引き継がれることで雇用の継続が可能です。近年は、老後の安定した生活や資産の増加を求めてM&Aを行う人が増えてきています。

M&Aの意味

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の頭文字をとったもので、直訳すると「企業の合併と買収」です。2つ以上の会社が1つになる「合併」、ある会社が他の会社を買い株式を取得する「買収」という意味です。一般的には「会社もしくは経営権の取得」を指して使われます。

M&Aの定義

経営面での協力関係全般をM&Aとする際、M&Aの定義は企業の競争力の強化・新規事業の多角化などを含む企業戦略全般の提携です。

「資本提携」とは、提携関係のある複数の企業間で株式のみ異動させることです。「業務提携」は、業務上の協力関係(販売協力・資材調達・共同研究開発など)を築きながら事業を行っていくことです。この2つを組み合わせたものを「資本業務提携」と呼びます。

500万円以下でM&Aは可能なの?

500万円以下でM&Aは可能なの?

M&Aというと規模の大きいものをイメージしがちですが、小・中規模のM&Aも盛んに行われています。売り手と買い手の希望金額の中で交渉により決まるため、双方が合意すれば500万円以下でのM&Aも可能です。会社の経営者から株式を売ってもらうことで、個人でも法人でも会社の買収は可能です。

500万円以下で買える会社はどういう会社?

500万円以下で買える会社はどういう会社?

500万円以下で買える会社の業種は多岐にわたります。

  • 小売業や飲食店
  • エステなどのサロン
  • 学習塾や予備校
  • コンビニや居酒屋等のフランチャイズ店
  • 調剤薬局や病院
  • 印刷業や製造業
  • 空調や水道等の整備業
  • デイサービスや訪問介護等事業
  • 旅館や簡易ホテルなどの宿泊業

中でも飲食店や小売店は事業者数自体が多いため、売却に出されている件数も多い傾向にあります。上記にまとめたように売りに出されている業種は幅広く見受けられます。調剤薬局や医院、美容室や接骨院など資格がなければ営業できない業種も目立ちます。その資格を持っている人にしかできない仕事なので、購入できる人も限られるでしょう。さらに、サイト運営に興味のある方はWebサイトやECサイト事業の購入もできます。

500万円以下でM&Aを行うメリットとリスク

500万円以下でM&Aを行うメリットとリスク

500万円以下でM&A・買収を行う際に知っておきたいメリットとリスクについて解説します。

1つ目のメリットは、買収後すぐに利益を出せることです。自身で会社を立ち上げるには、事業を行う場所や設備の準備などで費用がかかります。さらに固定客もなく、業務内容や集客方法を確立して利益が出るまでに時間を要してしまうでしょう。一方で、500万円以下ですべて揃った状態での事業引継ぎは、低コストで始められ、固定客や付き合いの深い取引先といったネットワークを活かして、これまでの経営ノウハウを役立てながら事業を進めていけます。対するリスクは、500万円という比較的挑戦しやすい価格での案件は、経営状況が悪い場合や業績不振の場合も多く、負債を抱えてしまう可能性があることです。買収した後に負債を抱えてしまう可能性も考えておき、なぜ500万円以下という低価格で出されているのかをしっかりと見極めた上で買収しましょう。すぐに利益を出すことが目的であれば、できる限り黒字のM&A案件を探すのがおすすめです。

2つ目のメリットは、会社を買収することで設備や人材、ノウハウや技術などさまざまな資産を得られることです。しかし、資産を活かせるかどうかは経営者の手腕次第です。株式を取得するだけの株式譲渡より事業譲渡の方が引継ぎが複雑なので、有形資産(商品や設備など)含め、無形資産(技術やノウハウ、従業員の能力など)の引継ぎがうまく行かないとその後の経営に悪影響が生じます。うまく引継ぎが行われるように計画を立てることが重要です。

3つ目のメリットは、事業立ち上げのコストを抑えて事業を持てるということです。500万円以下でM&Aをすることで、事業立ち上げにかかる資金をぐっと抑えられます。しかし、M&Aの手続きは専門的な知識が必要不可欠なため、経験のない個人が行うのは困難です。自分だけで手続きを行いトラブルになることを避けるためには、M&A仲介会社などの専門家への依頼をおすすめします。ただし、仲介手数料がかかるので予算内で自身に合った方法を探しましょう。

500万円以下のM&A案件の探し方

500万円以下のM&A案件の探し方

500万円以下でM&A案件を探す上でおすすめなのは、スモールM&A案件に対応している専門家を探すことです。スモール案件とは零細企業や個人事業を対象としたM&Aのことです。大企業や中小企業に比べて、少ない資本で事業を買収できるのが特徴です。低リスクで企業を目指せるため需要が広がっており、近年はM&A専門家の増加やネット上で気軽に案件を探せるサイトなどM&A市場が充実してきています。

ネットで探す

M&A需要の高まる中、急速に普及しつつあるM&Aマッチングサイト。インターネット上でM&A案件を閲覧できるWebサービスで、地域・予算・業種など自身の買収条件に合う案件をフィルター機能で効率的に探せます。さらに直接問い合わせる必要がなく、いつでもどこでも気軽にチェックでき利便性が高い方法です。また、M&Aマッチングサイトは手数料が安く設定されているのも魅力の1つです。

紹介で探す

弁護士や会計士などの士業事務所に紹介してもらうことも可能です。会計・財務・法務などにおける専門性の高い知見は、スモールM&Aを進める上で心強いサポートになるでしょう。しかし、特定分野に特化しているため、全体的なサポートの依頼は受けない場合もあります。専門外の依頼は局所的に提携先のM&A仲介会社に流すこともあるため、依頼の際は確認が必要です。

公的機関(事業引継ぎ支援センター)に相談する

M&Aの公的機関には、中小企業の事業承継支援を目的とした「事業引き継ぎ支援センター」や「事業承継ネットワーク」があります。国が推進している事業であり、全国にセンターが設置されています。経営に関する悩み相談の無料受付や、後継者を求める企業と独立を目指す人をマッチングさせる「後継者人材バンク」の取り組みなどをしています。自身の情報や希望価格を登録することで条件に合った案件を自動的にマッチングしてくれるシステムとなっており、忙しい人や時間のない人におすすめです。

金融機関に依頼する

M&Aにおいて金融機関は、融資とM&A仲介の2つの役割を担っています。銀行や証券会社によってはM&A専門の部署を設けている場合もあります。普段利用している銀行であれば、買収費用の資金調達も併せて相談することも可能でしょう。しかし、金融機関は大規模なM&A以外のサポートは対象外になってしまうこともあります。500万円以下の低価格の案件を相談したい場合は、取引先として有望だと銀行側に判断してもらうために事業の将来性を示す必要があることも覚えておきましょう。また、大規模なM&Aを対象としていることが多いため、高額な仲介手数料がかかってしまうケースもあります。仲介手数料や着手金等の報酬体制については、事前に確認しましょう。

M&A仲介会社に頼む

M&A仲介会社はM&Aにおける各分野の専門家が在籍しており、相談から成約までの一貫したサポートを手掛けています。近年のM&A需要の高まりに伴い、扱う案件の小型化や手付金をなくすなどサポート体制が変わってきている仲介会社も多くありますが、中には規模が小さい案件は対応しない会社もあります。中堅企業・中小企業のM&A仲介、事業承継を検討している人は、実績豊富なウィルゲートM&Aがおすすめです。

500万円以下でM&Aを行う際の注意点

500万円以下でM&Aを行う際の注意点

500万円以下でM&Aを行う際には、以下で述べる3つに特に注意が必要です。よい案件を見つけるために是非参考にしてみてください。

1つ目は、500万円で買える会社を探すのではなく、500万円の価値のある会社を探すことです。さらに買収後、株式の価値を上げていけるか、ビジョンをイメージ・計画することが大切です。交渉前の提示価格は売り手の希望売却価格なので、その価格に見合った価値があるか見極めなければ損してしまうこともあります。確認の方法としては、トップ面談で売り手の経営者と事業の細部まで話し合うことと、売り手企業の調査専門家に依頼するデューデリジェンスを行うことです。デューデリジェンスは買い手にとって依頼金のコストがかかってしまいますが、価格に見合った会社か見極める際に最も安心してM&Aを行える手立てとなるでしょう。

2つ目は、事業成立は買収後の経営計画によることを理解しておくことです。500万円で買える会社にはそれなりの理由がある場合があります。M&Aさえ行えば役員報酬で稼げるといった簡単なものではありません。過度な期待はせず、買収後の経営が重要であることを理解して計画的に事業を行いましょう。

3つ目は、経営がうまくいくとは限らないことを念頭に入れておくことです。500万円という安価で買える会社は経営状態が悪いことも多いため、買収後すぐに利益が出なくても倒産しないよう運転資金に余裕を持たせておくと安心でしょう。

500万円以下のM&Aをご検討ならウィルゲートM&A

500万円以下のM&Aをご検討ならウィルゲートM&A

ウィルゲートM&Aをおすすめする3つの理由について解説していきます。

1つ目は、金額です。ウィルゲートM&AはM&Aが成約して初めて費用が発生する完全成果報酬制なので、着手金や中間報酬などがかかりません。そのため売却規模の小さい案件にも取り組みやすく、売り手・買い手共に幅広い相談が可能。他社では見られないような案件の取り扱いが魅力です。

2つ目は、スピード感のある仲介作業です。ウィルゲートは事業部内で連携を取り合っているため、情報収集がスピーディーです。売り手の経営者と買い手が直接やりとりをするケースが多く、無駄な段取りを省いて意思決定に繋げていくスタイルを重視しています。

3つ目は、Web・IT業界に特化しているということです。ウィルゲートはもともとこの業界に精通しているため、タイムリーに情報が得られます。売り手・買い手の双方のビジネルモデルへの理解度も高く、ニーズに合った提案をしてくれるため安心してサポートを受けられます。

500万円以下のM&Aを検討している人は、成功報酬以外でコストがかからず、スピーディー且つ丁寧な仲介が魅力のウィルゲートM&Aをご活用ください。

500万円以下のM&A案件まとめ

まとめ 500万円以下のM&A案件まとめ

500万円以下でM&Aを検討している人はその価格に見合っている案件かどうか見極めましょう。売却時は負債を抱えていても、事業の立て直しに成功すれば利益につなげられます。買収することで得られる人材やノウハウ、技術などは事業承継の上で欠かせない大切な資産です。株式譲渡よりも複雑ではありますが、計画的な経営戦略によって大きな武器になるでしょう。メリット・デメリットを押さえて、できる限り優良な案件を探すためにも、無料相談可能で実績豊富なウィルゲートM&Aをぜひ活用してみてください。

ウィルゲートM&Aは、9,100社を超える経営者ネットワークを活用し、ベストマッチングを提案します。Web・IT領域を中心に、幅広い業種のM&Aに対応しているのが強みです。M&A成立までのサポートが手厚く、条件交渉の際にもアドバイスを受けられます。M&Aを考えている方は、完全成功報酬型で着手金無料のウィルゲートM&Aにご相談ください。

無料相談・お問い合わせはこちらから ※ご相談・着手金無料

無料相談・お問い合わせは
こちらから

ご相談・着手金は無料です。
売却(譲渡)をお考えの際はお気軽にご相談ください

お電話からのお問い合わせはこちら

050-3187-7449

050-3187-7449

受付時間:平日 9:00 ~ 17:00